直島地中美術館への行き方

中国・四国

直島の地中美術館|行き方から予約まで【岡山ルート】

香川県の直島はアートの島として有名になり、直島観光協会公表では年間で544,317人(2018年の実績)が訪れる有名なスポットとなりました。

しかし、瀬戸内海の小さな離島ですので、子連れで訪問するといろいろ苦労があります。

そこで2019年12月に訪問した体験談をもとに、直島の地中美術館への行き方から地中美術館の予約方法やアートの楽しみ方をご紹介します。

地中美術館への行き方

地中美術館のある直島には、岡山県宇野港または香川県の高松港からフェリーで渡ります。

今回、家族で岡山県から直島に渡りましたので、岡山ルートについてご紹介します。

アドバイス



直島に着いて困るのが移動手段です。

路線バスの本数が少なく、タクシーも台数が限られています。

美術館めぐりは「つつじ荘」バス停が起点になりますので、港から「つつじ荘」まで車があると便利です。

子連れであれば、フェリーに車ごと直島に渡ると効率的に移動できますよ。

岡山から直島への行き方

岡山から直島に行くには、

  • 岡山駅から電車+フェリー
  • 岡山駅からバス+フェリー
  • 車+フェリー

の3通りの方法があります。

岡山駅から宇野港までの行き方

岡山駅から宇野湊まで電車よりもバスが便利

岡山駅から宇野みなと線で宇野港駅に行く場合、1時間に1本という時間帯も多く、また、茶屋町で乗り換えるケースも多く時間がかかります。

岡山駅から宇野港に行く場合は、両備バスの玉野渋川特急線が便利です。

1時間に2本程度出ており、岡山駅から宇野駅まで40分程度で到着します。

岡山駅での両備バス乗り場は2番

岡山駅から宇野港行の両備バス乗り場は2番のりばです。

車で直島まで行かれる方は、宇野港バス乗り場バス停での下車がおすすめです。

宇野港で直島行きに近い駐車場

宇野港駐車場

 

産業復興ビル駐車場が、フェリー乗り場まで徒歩で3分程度と一番近くてオススメです。
30分無料でその後、30分につき100円の課金となります。

 

産業復興ビル駐車場の概要

住所 〒706-0002 岡山県玉野市築港1丁目1−3
料金 入庫後30分無料、以降30分100円
最大料金 入庫後24時間、1,000円
収容台数 140台
営業時間 24時間

車で宇野港まで来られるなら、直島の交通事情が悪いので車を直島に持ち込むことをおすすめします。

宇野港の直島行きフェリー乗り場

フェリー乗り場

宇野港から直島に行くフェリーは、大型フェリーと小型船の2箇所あります。

直島の港の位置|宮浦港と本村港

直島地図

直島の宮浦港に行かれる方

大型フェリー、小型船ともに便が出ています。

大型フェリーの方が便数が多く出ていました。

 

地中美術館に行かれる方は、宮浦港行きでよいでしょう。

町営の路線バスでは、ベネッセハウスミュージアムの起点となる「つつじ荘」までは、本村エリア経由で行くことになります。

 

ですが、宮浦港から徒歩や自転車でも直接地中美術館のチケットセンター駐車場に行けます。

道が坂続きですが、自転車で15分から25分、徒歩で30分程度です。

 

今回、車で直島に向かいましたので、大型フェリー乗り場に向かいました。

高松行きのフェリー乗り場の隣に直島行きの大型フェリー乗り場です。

 

直島の本村港に行かれる方

本村は家プロジェクトのエリアです。

直島へは小型船で向かうことになります。

 

直島行きフェリーの時刻表

宇野港から宮浦港まで(直島観光協会)

直島宮浦港時刻表

宇野港から本村港まで(直島観光協会)

本村港時刻表

直島行きフェリーの料金

宇野港ー直島・宮浦港

乗客の料金

  • 片道 大人 300円 子供 150円
  • 往復 大人 570円 子供 300円
【2019年12月時点】

車+ドライバーの片道料金

  • 3m未満    1,530円
  • 3m~4m未満  1,960円
  • 4m~5m未満  2,520円
  • 5m~6m未満  3,000円
【2019年12月時点】

大人2名+子供1名で4m~5m未満の車をフェリーに乗せる場合の料金例

2,520円+同乗者大人300円+同乗者子供150円=2,970円

日帰りの場合、往復で購入しておくと、帰りがスムーズです。

なお、車でフェリーに乗る場合は、車検証を提示してチケットを購入します。

宇野港ー直島・本村港

乗客の料金

  • 片道 大人 300円 子供 150円
  • 往復 大人 570円 子供 300円
【2019年12月時点】

直島に到着してから地中美術館への行き方

美術館エリア無料シャトルバス

町営バスを利用

宮浦港から本村港の農協前経由でつつじ荘まで行きます。

つつじ荘から地中美術館までの無料シャトルバスを使います。

つつじ荘からは無料シャトルバスで地中美術館への所要時間

step
1
つつじ荘からベネッセハウス・ミュージアムまで 


     バス 約3分  (徒歩 10分)

step
2
ベネッセハウス・ミュージアムから李禹煥美術館まで

 
    バス 約2分  (徒歩 8分)

step
3
李禹煥美術館から地中美術館まで  

 
    バス 約2分  (徒歩 12分)

宮浦港から車で地中美術館に行く場合

直島を車で
 
  バスと同じルートで「つつじ荘」バス停まで行きます。 宮浦港から右折して一般道路に入り、すぐ左折します。 ベネッセハウスの看板があります。  

つつじ荘近くの無料駐車場

つつじ荘近くの無料駐車場   つつじ荘バス停に到着したら、少し戻って右折すると左手に無料駐車場が見えてきます。 駐車したらつづじ荘バス停に向かいましょう。  

宮浦港から徒歩・自転車で行く場合

  • 宮浦港から徒歩で地中美術館  約30分
  • 宮浦港から自転車で地中美術館 約15分から30分

本村港から徒歩・自転車で行く場合

  • 本村港から徒歩でつつじ荘  約10分
  • 本村港から自転車でつつじ荘 約10分

地中美術館の予約方法

地中美術館でのオンライン予約

地中美術館のチケットはオンラインで予約ができますので、予約すると安心です。

step
1
地中美術館のオンラインチケットにアクセス

https://www.e-tix.jp/chichu/   地中美術館オンライン予約

希望する時間のチケットを選びます。

step
2
大人と子供(15歳以下)の人数を記載

地中美術館オンライン予約

15分以内に決済するよう促されます。

支払い方法は
・クレジットカード
・d払い

が選択できます。

地中美術館の入館料

  • 大人 2,100円
  • 子供 無料

step
3
決済が終了すると予約券が印刷できます

地中美術館予約引換券 スマホなどに予約画面を保存しておいても入場券と引き換えできます。

step
4
地中美術館の予約券から入場券への引き換えが必要

地中美術館入場券

この引換券は、地中美術館予約センター受付でチケット引き換えが必要です。

予約した時間の10分前から引き換えできますので、待合室でのんびり待ちましょう。

 

なお、一度予約をしてしまうと、時間帯の変更はできません。

30分経過すると、予約はキャンセルされます。

融通が利かないので、予約時間は守りましょう。

 

地中美術館の地中カフェ

アドバイス

地中カフェで予約時間まで待とうと思いましたが、地中美術館の中にあるので、予約時間後でないと入ることが出来ません。

おかげで、日替わりランチが完売になり、ハンバーガーで昼食を済ませることに!

 

さて、地中美術館の地中カフェは、大きなガラス張りの窓から瀬戸内海を見下ろせる絶好のロケーションにあります。

瀬戸内海の大パノラマを楽しみながら、ランチが食べられるのがいいですね。

   地中カフェの外

カフェから外に出られます。

座布団があるので、外で座りながら瀬戸内海にかかる瀬戸大橋(?)を眺めるのもいい感じです。

地中美術館の外にある隠れ家

更に下に降りていくと、気持ちよさそうな白い机と椅子が現れます。

ここで飲み物を飲みながら、地中海を眺めるととっても癒やされますよ。

地中美術館で楽しい思い出を作ってくださいね。

-中国・四国

© 2020 子連れでのお出かけにおすすめなイベント|参加者のクチコミ情報